■ナバホ族(NAVAJO)

ネイティブアメリカン最大の部族、ナバホ族。
ニューメキシコ州、アリゾナ州と広範囲に渡って居留。

インディアンの中でも一番最初に銀細工、ジュエリー作り始めたといわれています。
1850年代、ヨーロッパ人がナバホ族に銀細工を伝えたことからインディアンジュエリーが始まったとされます。
その後、インディアンジュエリーはナバホ族からズニ族へと技術が広がります。

ナバホ族の作るジュエリーの特徴はターコイズ、ラピスラズリなどの、大き目で形のふぞろいな石を使い、素朴で力強い印象のジュエリーが多いのが特徴です。








×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。